2012年4月10日火曜日

[会社のこと]インターンについて

当社(レイ・フロンティア)は定期的にインターンを採用しています。
時折、知人のベンチャー経営者にインターンについて質問を受けるので、
今回はインターンについて書きたいと思います。

レイ・フロンティアのインターン採用は少し変わっていて、
最初の数カ月(日数による)は業務は与えず、ひたすら課題をこなしてもらいます。
その数カ月により、一定のスキルを学んだ学生のみに対して
初めて業務を与えます。

ベンチャー企業では一定の報酬を受け取るメンバーは
「高レベルなジェネラリスト能力」
が必要であると考えています。
ルーチン作業のアルバイトと比較すると、
インターンだとしても、それ相応の業務成果を求められるでしょう。
それは当社も例外ではありません。

よって、私たちは、
その業務成果を出せるレベルまでの「基礎体力」をつけてもらうために、
それまでのジョギング期間をを大切にしています。

私がインターンに求めていることは、
「社会人1年目で、前を走れる力をつけること。」

そして過去のインターンへも共通して伝えていることは、
・インターンをしている理由(目標設定)を明確に持つこと。
・学業を優先すること。留年はもってのほか。
・当社を通じて、自分が学びたいことを精一杯こなすこと。
・質より量。とにかく量をこなすこと。

少し大袈裟な言い方ですが、私たちを通じることで、
人生の選択肢を増やしてほしいです。

私は、歳を重ねるに連れて、もっと早く知っておけば良かった、
もっと早く経験したかった、と感じることが多くなっています。

地方出身のため出会いの場が少なかったこと、また自身がひきこもり体質だったため、
選択できることすら知らず、選択しようともせず、その状態で学生まで過ごしました。

そんな私の過去の想いが、
能力関わらず「機会」を得たい気持ちが強い学生をインターンとして迎えいれて、
「学び」や「経験」が、人生の役に立ったと
少しでも振り返って欲しい人を育てたい、
という欲求を生んでいるような気がしています。

そんなレイ・フロンティアですが
知識や技術に自信がないけど、学習意欲が高い学生であればウェルカムです。
興味があったら、当社までお気軽にご連絡を!
って、会社説明も一切なしで、最後にさりげなく募集させていただきます^^

[今日のひとこと]
ムスメ(3)が保育園の男の子と結婚したらしい。。。(ムスメ談)

0 件のコメント:

コメントを投稿