2012年4月26日木曜日

[仕事]成長のためのハードワークをこなす際に大切なこと

「自己を成長させる」「会社を成長させる」そのために「ハードワーク」は避けては通れないことだと思います。

■ハードワークとは?
分解すると、
「ハードワーク」
=「効率がいい働き方」×「量」
=「多くのチャンスと経験を得る」「最高の結果となる確率を上げる」
であると考えます。

■ハードワークは辛い
大量の業務量、責任の増加、逃げたくなることもありまし、精神的にまいります。体力的にボロボロになることもあります。しかし夢を叶える大人になりたかったら、少なくとも一定期間は、負荷がかかる量をこなすことから逃げられないと思います。

■支えられることの大切さ
両親とコミュニケーションを多くとった子供は、自らチャレンジする性格になる傾向があると聞いたことがあります。反対にコミュニケーション不足の子供は、不安で行動に移せなくなるとのこと。
「失敗しても一緒にいてくれる人がいる」という気持ちがきっと行動を支えているのでしょう。

■大人も同じではないか?
ハードワークの話に戻ります。
ハードワークも見方を変えればチャレンジな行動です。
負荷が上がれば上がるほど、支える基盤が重要になると考えます。
その基盤は、きっと「健康」「家族」「仲間」じゃないかと思っています。

■家族と仲間の大切さ
私には妻と1人の娘がいます。7月には2人目が誕生予定です。
私にとって家族は、利己的な表現となりますが、
「仕事を成功させるためにも大切な存在」
です。

最後の最後まで一緒にいるメンバーが家族です。
どんなことがあっても共に 生きるメンバーが家族です。
その家族の土台をしっかりすることが、私の心を安定させてくれていると思っています。
さらに、幸運にも内外問わず、仕事上で多くの相談できる仲間がいます。
私がチャレンジできることは皆さんのおかげにほかなりません。

■そして健康について
私は、前職の28歳に会社の健康診断で、とある難病に前触れもなく診断されたことがあります。
不規則な生活をしてもピンピンだったのに。
その後の薬物治療で治療ができなければ、月一回の定期的な診察と、その診察結果により、ゴールが見えない入院ということでした。
薬物治療でも完治する確率は大変低く、はっきりいって絶望でした。
100%仕事のことを考えていた私でしたが、次の日からは、病気のことで頭がいっぱい。
仕事も手に付けられずに、本当に精神的にまいりました。
そこで支えてくれたのが、私の妻です。
本当に彼女がいなければ、、と思うと恐ろしいです。

その後の、結果を言いますと、その成功する確率が低い治療により、
私は完治してしまいました。先生も驚き、妻もそして私も歓喜しました。

「健康」の時ほど「健康」の貴重さを忘れがちです。
しかし仕事をしていられるのは「健康」だからほかありません。
なによりも大切なのは「健康」。
健康中心で考えることは、自分の心を安定させる大きな役割だと思います。

■だから健康と家族・仲間は大切
今の自分を支えてくれているのは、「健康」「家族・仲間」のほかならないと思います。
さらなるハードワークをこなすには、
図々しいですがさらに支えてもらう必要があるんだと思います。
そして仕事の大きさに比例して、「健康へ気遣い」、「家族への感謝」、「仲間との共存(決して依存ではない)」も大きくしていかなければならないんだと思います。

■1日は24時間しかない。しかしやるしかない。
あとは自分のキャパをどれだけ増やせるか。
生活の見直し、仕事方法の改善、もう徹底的に落としこむしかないんだと思います。
それを解決するのは、「自分の気持ちの切り替え」かもしれませんし、「お金」かもしれませんし、まぁ、おそらく全てが成長する過程で必要なことであるような気がします。

うまくオチを書くことができなさそうです(汗)。
このあたりで。

今日の一言:
痩せすぎて心配がられますが、むしろ快調でございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿