2012年8月31日金曜日

[拡張現実]AR×3D 手のひらAR

ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しているのですが、こちらのブログでも定期的に紹介したいと考えています。



今回ご紹介させていただくのは、KDDIがリリースしたスマートフォンのカメラで撮影した手のひらの上に3DCGを合成するAndroidアプリ「てのりん」です。
このてのりんはスマートフォンのカメラで手のひらを撮影すると、手の位置や傾きを自動で検出し、カメラ映像のなかの手のひらの上にキャラクターCGが出現し、歌ったり、踊ったりさせる事が出来ます。
将来的にはこういったARを利用した3DCGでプロモーションするのが当たり前の時代が訪れるかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿