2012年9月4日火曜日

[拡張現実]AR×IF キネクトを利用した新しいインターフェイス

今回はキネクトを利用した新しいヒューマンインターフェイス、Keytreeのご紹介をしたいと思います。

これはヘッドマウントでスプレイとキネクトを同時に使用する事で、キネクト側で人の動きを読み取り、ヘッドマウントディスプレイで文字やグラフの3D表示を行っています。

この動画ではいっさいマウスなどを使用する事無く手のジェスチャーのみでクリックしたり、画面をスワイプするする事が可能となっておりより直感的に操作する事が可能となっています。



ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しているのですが、こちらのブログでも定期的に紹介したいと考えています。

2 件のコメント:

  1. はじめまして。
    楽しくブログ拝見させていただいています。

    最近ARに興味を持ち、勉強したいと思っているのですが
    なにから手をつけていいやらわかりません(- -;)

    プログラミングも全くの初心者なのですが、「とりあえずこれから始めたら良いよ」みたいなものってありますでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. あらい様
      ご返信ありがとうございます。ぜひ個別でゆっくりご連絡したので、
      https://www.facebook.com/tamura.jp
      もしFacebookをやられていたら、上記よりメッセージをいただけると嬉しいです。
      よろしくお願いいたします。

      削除