2012年10月29日月曜日

[拡張現実]学校の教室で拡張現実(AR)技術がもたらすもの(和訳) #AR

■Bringing Augmented Reality to the Classroom

http://www.fractuslearning.com/2012/10/24/augmented-reality-classroom/

※以下、上記記事の一部和訳となります。

-------



■AR技術とは?

・現実世界とデジタルの世界の相互作用をデジタルオーバーレイというユニークな方法で実現する手法です。
・ダブレット、スマートフォンなどのデバイスはユーザーのビデオや写真など身の回りものを映しだすことができます。
この情報はGPS技術を利用してタグ付けをして、他のユーザーが特定の場所へ到達したときに可視化させることも可能です。

■教室でのAR技術の利用


・拡張現実技術は生徒へエキサイティングな方法活用できるたいへん大きな可能性を持っています。
・生徒がが博物館や社会科見学へ訪れて、特定の展示物や場所の前で写真を撮影したとき、その上方やビデオをAR技術で表示させることが可能です。
・アートギャラリーや修学旅行での活用が想定されます。
・アーティストや歴史的な情報をモバイルデバイスにより確認することができます。
・史跡をたどりながらのツアーなどの組あ上げることができます。
・生徒がコンテンツ制作を行い、宿題として作成することもできます。
・スピーチや音楽と組み合わせることも可能です。

・拡張現実技術は、生徒とのコラボレーションでエキサイティングな可能性を提示できます。
・お互いにコンテンツ情報を交換したり、デジタル足あとを残したり。
・スマートフォンデバイスを活用した新しい暮らしの可能性は無限大です!

・拡張現実技術は学習に良い効果を使われることがわかります。
・教室でのAR技術の活用は今後標準機能となってくると思います。

<<前回記事:[拡張現実]マイケル・ジョーダンが湖上を舞う!観客が熱狂する芸術的なプロジェクションマッピング(動画) #AR

--------
ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿