2012年10月23日火曜日

[拡張現実]広告で拡張現実技術を活用する方法(和訳)#AR

■How to Use Augmented Reality in Advertising(原文)
http://bizwoxmag.co.za/how-to-use-augmented-reality-in-advertising/

※ポイントを箇条書きで訳しました。全文確認されたい方は原文をご確認ください。

----

広告で拡張現実技術を活用する方法



・デジタルと物理世界を組み合わせることで、拡張現実感は、ブランドを消費者と対話するためのユニークな新しい機会を提供しています。
・ARは1980年代に生まれたが、ようやく時代の到来が来た。
・それはソーシャルネットワークが機会を提供している。
・拡張現実感は肉眼では見ることができないが、多くが見ることが出来るデジタルの世界である。

■広告で拡張現実技術を利用する方法/拡張現実の流行

・拡張現実は、現実と混ぜ合わされたグラフィックス、感覚的な体験の2つの大きなダイナミクスを備えている。
・AR市場は、2008年で600万ドル。2014年までには50倍の3億5000万ドルに達する

■広告で拡張現実技術を利用する方法/競争優位のための利用

・QRコードから撮影した写真を応募するキャンペーンが冬期の観光で不調なフロリダで成功した。
・観光の写真を応募するコンテストで、ソーシャルネットワーク上で拡散した。
・ARキャンペーンを導入は利用者に新しい利用者を得ることが出来る。
・スマートフォンは今後日常生活の中で増え続けて、拡張現実技術を介して、ブランドを構築するため消費者に到達する方法がますます重要になるだろう。

■広告で拡張現実技術を利用する方法/なぜ拡張現実技術を利用するか

・ARキャンペーンは従来の広告より安価で可能である。
・しかし最終的に感情的な印象を与えることで、多くのリピーターを増やし、消費者との関係を長期化させる。

■ARキャンペーンのメリット

イノベーション:業界を引っ張るイノベーダーとして見られる。
安価:雑誌の印刷広告に比べて安い。コストを押させてインタラクティブ性を持たせる広告を配信できる。
感情的なつながり:お客様と感情レベルが高いコミュニケーションがとることができる。お客様に製品を想像させることができる。
長期的なエンゲージメント::五感を通して対話ができる。良い経験を与えて製品との繋がりを継続させる。
ジオターゲティング:位置情報技術を利用して検索ができる。
モバイル:モバイル端末を経由したAR広告はエキサイティングなメディアとして、顧客を獲得する方法である。
オフラインの販売促進:ARは体験の強化とブランド認知度を促進することで、オフラインの体験がオンラインの販売をもたらす。

熟考せよ:検索エンジンに広告を掲載する必要があるか?

------

[関連記事]
[拡張現実]30秒でわかるAR(拡張現実)アプリの種類
[拡張現実]30秒でわかる成功するARアプリと失敗するARアプリ
[拡張現実]AR,GPS×観光系スマートフォンアプリのまとめ
[拡張現実]ARアプリ開発で大切なこと
[拡張現実]拡張現実技術で販売プロセスを改善する10の方法(和訳)
[拡張現実/プレゼン資料]講演資料公開/AR(拡張現実)技術の 国内外事例・新しい未来
[拡張現実]拡張現実へ誘導するための10の創造的な方法(和訳/動画あり)
[拡張現実]拡張現実(AR)とマーケティングデータ - インフォグラフィック(和訳)
--------
ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿