2012年10月16日火曜日

[拡張現実]AR×comic | The experience of JoJo’s strange stand #AR



※本記事はレイ・フロンティア株式会社/Facebookページからの引用です。

より深く漫画のストーリにはまってみたい、漫画好きな人なら一度は考えますよね。
この動画ではそんな願いの一部をかなえてくれそうです。
カメラの前に立つ事で、スクリーン上に漫画のコマ割りと漫画風にした自分が映し出され、漫画の登場人物になったかのように次々とスクリーン上にエフェクトが表示されます。

この事例を見て、AR技術を使用すれば、あらかじめ主人公を抜きにしてストーリを作成し、現実の人間がその場で即興で物語を作ると行ったアトラクションが作れそうだと考えましたが、現実の人が発言する台詞と、登場人物の台詞の整合性を合わせるのには苦労しそうなので、その点は大きなネックになりそうです。

<<前回記事:[拡張現実]AR×maintenance | ARWindow Scenario-Accessing Building Information through Mobile Augmented Reality- #AR

------
ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しているのですが、こちらのブログでも定期的に紹介したいと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿