2012年10月15日月曜日

[拡張現実]AR×maintenance | ARWindow Scenario-Accessing Building Information through Mobile Augmented Reality- #AR



※本記事はレイ・フロンティア株式会社/Facebookページからの引用です。

複雑な設備の機器や配管のメンテナンスを行う上で、その配置を一瞬で理解するのに苦労した経験は無いでしょうか。
そんなときに役に立ちそうなのがARWindow Scenarioです。

動画では、施設に配置されている配管にデバイスのカメラを向ける事で、そのパイプが何処に属する物であるのかを見る事が出来るようです。

直感的に考えても、わざわざマニュアルを見なくてはわからない情報を可視化する事で、誰でも管理できるようにするのは、効率面、安全面から見ても非常に有効な手段だと思います。

<<前回記事:[拡張現実]AR×Memory | The example for Yearbooks #AR

-------
ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しているのですが、こちらのブログでも定期的に紹介したいと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿