2012年10月20日土曜日

[拡張現実]“SoLoMo”とAR(拡張現実)技術 マーケットデータ抜粋 #AR

So Lo Mo
“SoLoMo”が本格化、マーケティングの主流へ

SoLoMoとARについて興味深い国内の記事があったので、マーケットデータを中心に注目ポイントを抜粋しました。

------

■SoLoMoとは?
・SoLoMoことソーシャル(Social)、ローカル(Local)、モバイル(mobile)の3つの技術トレンド
・米Gartnerは、今後2年でこれらを利用するユーザーは急増して「主流の技術」になると予想、マーケティング担当者に明確な戦略を立てるよう助言

■注目のデータを抜粋
・2014年にはモバイルSNSの利用者は10億人になると予想
・Gartnerによると、モバイル利用者の15%がモバイル端末からSNSにアクセス
・Facebookは先に、全体の4割にあたる4億人がモバイルからアクセスしていると報告している
2012年末までにLBSを利用するユーザーは8億人に達するとみており、市場としては2015年に135億ドル規模にふくれると予想する。
・デジタルマーケティングについてはバーコード、クーポン、AR(拡張現実)などを「注目技術」に挙げている。
バーコードは航空券をはじめとした旅行やエンターテイメント業界が先行し、チケットやチェックインなどで利用が進んでいるが、今後2年から5年くらいでコンシューマーの認知と使い方への理解が進み、主流の技術になるとみている。
・スマートフォンのカメラを通して見た風景にデジタル情報を重ねて表示するARについては、Gartnerの成長曲線上では2010年に流行期を迎え、現在は幻滅期にある。GartnerはARについて、「技術的な懸念、プライバシーでの懸念は根強く残るものの、長期的には実質的な可能性をもつ技術である」とし、今後5~10年で主流な技術になると予想している。

------

私たちは、大きなトレンドまでAR技術のノウハウを堅実に積み重ねて、新しい可能性を提示し続けていきたいと思います。

--------

[関連記事]
[拡張現実]30秒でわかるAR(拡張現実)アプリの種類
[拡張現実]30秒でわかる成功するARアプリと失敗するARアプリ
[拡張現実]AR,GPS×観光系スマートフォンアプリのまとめ
[拡張現実]ARアプリ開発で大切なこと
[拡張現実]拡張現実技術で販売プロセスを改善する10の方法(和訳)
[拡張現実/プレゼン資料]講演資料公開/AR(拡張現実)技術の 国内外事例・新しい未来
[拡張現実]拡張現実へ誘導するための10の創造的な方法(和訳/動画あり)

----

ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しているのですが、こちらのブログでも定期的に紹介したいと考えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿