2012年11月25日日曜日

[拡張現実]教育における20の拡張現実体験(和訳)#AR #AugmentedReality

拡張現実技術が活用できるシーンのひとつとして「教育現場」があると考えます。
【教育における20の拡張現実体験】という興味深い海外記事があったので概要を和訳しました。

------

【教育における20の拡張現実体験】

あなたは拡張現実技術をどのような教育分野に利用されると考えることができますか?

onlineuniversities.com に書かれた内容は大変興味深い内容です。

私たちは社会的な学習に焦点を当てている技術を、全世界の様々な規模の組織での研修や教育プログラムで差別化を図っているが、人気が高くなっても創造的な状態で継続されることが大切です。拡張現実技術はそれを実現する傾向があります。

拡張現実技術は、教育産業に多かれ少なかれ新しいアイデアを生み出すことに貢献しています。
創造的で魅力的な経験の結果、多くの学生が利用することでき、親近感を以て利用することができています。


(以下20の事例を紹介します)

1.SecondLife


SecondLifeは多くの観衆に伝えることが出来る貴重なツールです。
オンラインクラス、デモンストレーション、講義、プレゼンテーション、討論など、教育での利点があります。

2.拡張現実開発に関する研究機関

Google、Microsoft、Logicool、など拡張現実開発に関する研究所は、企業との提携だけでなく、教育から楽しませるプロジェクトまで完成させることを目指しています。
様々な価格帯で、インタラクティブな三次元オブジェクトを作成することも想定しています。

3.歴史を追体験する


GPSやポケットPCを活用した「追体験革命ゲーム」など、マサチューセッツ州の都市を利用したゲームが存在します。

4.PhysicsPlayground

PCゲームの多くのエンジンで利用されている「PhysicsPlayground」は物理学の複雑なインアウトを説明する戦略としても利用されています。それは宇宙を理解するための、3次元環境を提供しています。

5.MITのARゲーム


MITのプログラムで、教育に有効であることが証明されています。
ここでは環境問題に関するゲーム(壊滅的な有毒の流出を発見するゲーム)などを行っています。

6.ニューホライズン(英語教育)

日本人の学生が慣れ親しんでいる教科書に拡張現実技術が利用されています。スマートフォンアプリを利用して、特定のページをかざすことで会話が再生されます。

7.建築現場での足場

建築現場の安全について学習するために、三次元デモンストレーションを通じて安全な足場を確立できるような教育を受けています。

8.FETCH!ランチラッシュ


iPhoneやiPod touchを利用した教室の外でも学習したい学歴志向の両親向けの小さなゲームです。
視覚的に基礎的な数学の能力を構築させることを目的としたアプリケーションです。

9.校外授業


美術館のガイドの学生や、特定のテーマを学習している学生に挑戦させるゲーム。
HistoriQuestは、南北戦争拡張現実感プロジェクトとして生活を始めた謎のゲームと非常に現実的な物語として提供しています。

10.公園での拡張現実体験スクール


小学生たちは、バルボアパーク、サンディエゴの歴史センター、世界トップクラスのサンディエゴ動物園などを、スマートフォンを活用したAR技術より魅了されています。

11.QRコードを利用したハンティング


子供たちは、教室の中や学校内でQRコードを利用して、最後のレッスンを探しあてます。

12.Mentira


世界初のARスペイン語ゲーム。
歴史的な殺人事件を模倣して、教室内でのレッスンだけでなく、ネイティブスピーカーを含み、効果的なゲームを実現しています。

13.自動車教習

トヨタは拡張現実技術を活用して、世界で最もクリーンで安全なテストドライブを提供しています。

14.ジオタグ


グーグルアースなど自分の周りの世界について視覚的な教育を提供できます。
PicasaやInstagramのようなウェブアルバムへも活用されています。

15.Dow Day

Dow Intro Video from UW Mobile Learning Incubator on Vimeo.

拡張現実技術を利用したドキュメンタリースマートフォンアプリは、1967年のベトナム戦争での実際の講義の映像が映し出されます。

16.SciMorph


ウェブカメラやプリントされたターゲットを利用して、科学に興味がある子供たちに対して、かわいい生き物の「SciMorph」が対話する。
各レッスンは質問やレッスン形式になっています。

17.Imaginary Worlds


PSPを利用したゲーム。学校の周りのダウンロードした画像とQRコードにより、パーソナライズされた環境が提供されます。
子供たちは熱意を持ってゲームを協力しながら進行したことは、教育にとってインパクトを与えました。

18.スカイマップスカイウォーク


単純なアプリケーションだが、星や惑星、星座の名前が空を眺めながら核にすることが出来ます。

19.Handheld Augmented Reality Project


ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ウィスコンシン大学マディソン校は、米国教育省からの助成金と提携して、GPSナビゲーターとDell Aximsを使って中学生の子供たちに科学や数学のスキルを育てました。
学校通って移動すると、各エリア前取り組まなければならない新たな課題を提示されます。

20.Project Glass


最も野心的な拡張現実の取り組みの一つは、そのプロジェクトのグラスをはるか学校教育を超えた可能性を秘めていると信じています。
現在の実験は、アスレチック体験、スナップ写真や、その他のユーザーを配置が確認できます。

------

[関連記事]
[拡張現実]30秒でわかるAR(拡張現実)アプリの種類
[拡張現実]30秒でわかる成功するARアプリと失敗するARアプリ
[拡張現実]AR,GPS×観光系スマートフォンアプリのまとめ
[拡張現実]ARアプリ開発で大切なこと
[拡張現実]拡張現実技術で販売プロセスを改善する10の方法(和訳)
[拡張現実/プレゼン資料]講演資料公開/AR(拡張現実)技術の 国内外事例・新しい未来
[拡張現実]拡張現実へ誘導するための10の創造的な方法(和訳/動画あり)
[拡張現実]拡張現実(AR)とマーケティングデータ - インフォグラフィック(和訳)
[拡張現実]拡張現実、オンライン小売とiPad2(和訳)

--------
ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社の田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿