2012年12月29日土曜日

[2012/12/29(土)]ロジックとパッション

IMG_0690

月初に帰省した妻子と離れ、ほぼひと月。一人暮らし生活も本日が最終日。
ちらかった自宅を妻子が帰省する前の状態に戻す作業が今日の一日の始まり。
完璧だと思い掃除を終えるのだが、大抵は帰省後の妻に指摘を受けて、自分の掃除力のなさを改めて思い知らされる。
今回はどうだろうか。

掃除の合間に(合間にという時点で掃除に集中していないことがわかる。。)、来年の大まかな目標を考えて、ざっくりだが試算表にあわせた形で、想いを実現するために必要な予算を可視化する。
去年の今頃もビジョンは語っていたが、数値を落としこむ作業は今日ほど本気で行っていなかったことを振り返る。
振り返り恥ずかしさを感じるということは成長している証だろうか。

夢を数字に落としこむことは現実を直視する作業でもある。
夢は現実の延長線上にあり、今を客観視できなければ達成はできないだろう。
ビジョンを語りチームへ指針を伝えるだけのリーダーには魅力を感じない。
それを具体的にどのように達成していくかを数字と言葉で表現し、チームにエンジンをかけることが、僕が理想とするリーダー像でもある。

ロジックとパッションのバランス。
来年も旨い下町の居酒屋で飯を食い、透明度が高いエレクトロニカを浴びて、筋が通った時代小説を読みふけながら、数字と戦っていこう。

明日は妻子が待つ仙台へ。

<<先日の日記:[2012/12/28(金)]仕事納め

0 件のコメント:

コメントを投稿