2012年12月3日月曜日

[拡張現実]AR×3D | Laser Scanning and Augmented Reality #AR #AugmentedReality



※本記事はレイ・フロンティア株式会社/Facebookページからの引用です。

引っ越しをする際に、部屋の内部があらかじめイメージしていた想像と違い、引っ越し後に内装の修正を迫られた事はないでしょうか。
この動画では、部屋の内部画像を取り込んでおけば、実際に引っ越し後の内装の様子を見る事に応用出来そうです。

動画では始めに、建物の中にある配管を立体的にスキャニングし、パソコンで配管の3次元画像を作成します。
その後、配管の配置を変えて、アプリに記憶させておく事で、スキャンした対象物をあらためてカメラに映す事で変更後の配管の様子を見る事が出来るようです。

[AR×3-D] Unlike imagination to Laser Scanning and Augmented Reality moving inside the room could have imagined before and were faced with interior modification to move after it is not?

Once you capture the image inside the room in this video, is can be applied to actually see new Interior photos.
Three-dimensional scanning a plumbing building to begin with, in the video, creates a pipe 3D images on your PC.

Seems videoframe once again changed the placement of the pipe, remember that app trick, scanned objects and then projected onto the camera in of the piping after the change.

<<前回記事(Prev):[拡張現実]AR×Sound | SoundARt #AR #AugmentedReality
--------
ARアプリ企画・開発をしているレイ・フロンティア株式会社田村です。
弊社のFacebookページでは、国内外の様々なARに関連する事例を紹介しています。

※This blog has been reprinted from Rei-Frontier Facebook page.
https://www.facebook.com/reifrontier
Rei-Frontier.Inc
http://www.rei-frontier.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿